自己犠牲は承知の上

2月22

人は、昼に働いて夜に寝るというスタイルを取ることが一般的だとされています。
医歯薬の仕事に携わっている方は、時として夜勤をこなさなければならない。
そのため、患者を看取るために自分のライフスタイルを変えることは致し方ない。
患者にとって常に安心できる環境であるためには、医療人による患者への歩み寄りが不可欠となるのです。

どのような時間帯であっても患者を看取れる環境を整備していくことで、
患者は病院を心から安らげる癒しの場として意識するようになるのです。
病院が常に癒しの場として社会に根付いていくことで、長きにわたって私たちが安心して暮らしていくことのできる環境に身を置くことができるのです。

年配の方が夜勤をされていることもあります。
若い人とは違って体力的にもきつい中年にとっては、理不尽な労働環境だと嘆くこともあるでしょう。
これは客観的な見方であり、ベテランになれば、夜勤が楽という方が多いのも事実です。

医歯薬の仕事に関わっている以上は、いつだって患者の幸せを優先する気持ちを抱くことで、
夜勤においてもやりがいのある仕事として意識するようになるのではないでしょうか。
眠たい目をこすりながら仕事にまい進する姿というのは、一種の自己犠牲としての前向きさを表しているようです。

とはいえ、自分の生活を犠牲にするような世の中ではありません。
誰だって優位に働きたい。
夜勤がどうしてもできない場合は非常勤への転向をおすすめします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*